GS 第一伝統治療院

当院について

当院の中医学四診法

四診法といって独自の診察方法があり、以下4つがあります。

望診(ぼうしん)顔や舌の色など、身体の状態を視覚的に見ておこなう診察
聞診(ぶんしん)声や呼吸の音を聞いたり、排泄物の臭いからおこなう診察
問診(もんしん)症状や普段の生活について詳しく聞くことによっておこなう診察
切診(せっしん)脈やお腹、体表やツボをさわっておこなう診察

当院では以上の四診から得た情報を集約して、患者様のお身体の状態を把握して治療をしていきます。

西洋医学の検査データ:CT・MRI・超音波・心電図・X線写真、
及び各血液検査と各専門検査結果などである。
以上の中、西洋医学総合による診察は初診日だけではなく、
毎回の治療前に必ず脈を測ったり。
舌、耳を見たり問診したりしっかり患者様の病状変化と体状況を把握した上で、
当日の治療を決めて丁寧に行うことである。

 

伝統中医総合治療の特徴


病状及び個人差と合わせる一番適当な治療方法を勧める、患者様と相談しながら、合意的な治療コースを選択する。


治療に使う器具について


(はり)
当院では、太さ0.2㎜~0.1㎜の鍼を使用しております。
病院での採血用の針0.7㎜~0.9㎜と比較するとかなり細いものです。
また、
鍼は個人専用で、清潔で安心していただけます。
治療部位などに合わせて様々な針を使用します。
当院では、日本鍼・中国針、梅花鍼(極細の針)、ローラー鍼(刺さない摩擦する器具)
「鍼は痛い、怖い」というイメージをお持ちの方も、ぜひ一度お試しください。

治療方法

体表の各経穴を刺す治療であり、経穴に通って、つながう内臓組織の機能を調節し、局所又は全身の気血を整え、治癒力と免疫力を向上させ、ストレス解消、鎮痛、消炎、新陳代謝を改善し、活力(元気)を増加する治効がある。

耳に内臓異常反応される穴には、王不留行子(漢方薬の一つ)を貼り又は針を刺す治療であり、強い鎮痛、鎮静、消炎作用を持ち、各種の内臓病に効く。自己管理も可能(耳穴貼り)延長効果も可能。

頭皮部の特定な部位(脳の反射区域)に針を刺すことである。脳血流を促進し脳機能改善と向上の作用を持ち、認知症、アルツハイマーの予防治療作用があり、脳挫傷、脳震盪、脳血管障害後遺症の治効も期待できる。

眼の周囲及び顔面部の特定穴を刺す治療である。眼の周囲及び顔面部の血流をよくするだけではなく眼内房水流れの調え、眼底血管出血、水腫の治療もできる又は、顔面部の麻痺、神経痛、しみ、しわ、ニキビの治療にも役に立つ

経穴に刺した上に微弱の電気を通す治療である。血流を良くし筋肉細胞活力の再生作用を持ち、各種の神経麻痺、筋肉萎縮廃用にも効く。

 

(きゅう)
灸には様々な種類があります。
当院で使うお灸のやり方は、直接皮膚に当てないやさしい温熱の各種のお灸法になります。
「熱い」と感じるものから「ほんのりと温かい」ものまで、症状に応じて使い分けていきます。
温経散寒(気の通り道である経脈を温め、寒気を散らす)治療などによく使い、尿
洩れや生理不順、下痢が長引いたときなど特に効果があります。
お灸の跡が残らないよう配慮して施術をしていきますが、何かご不明な点がありましたら遠慮なくご質問ください。

治療方法

当院でよく使うお灸。穴に貼って置く、硬紙の上にもぐさをのせ、穴に集中的なやさしい熱ともぐさの薬効による効く灸法

鍼の頭にもぐさをつけ、燃えるお灸。そのお灸のふく灼熱と漢方薬(もぐさ)の薬効により、冷え・痛み・及び内蔵の働き向上の治効をっもちます。

艾葉を大きいタバコの形にして、直接皮膚に当たらないソフトな灸法

木の箱の真ん中に金属の網を設置し、艾はその上にのせて、やや広い範囲で多数の穴に持続的に温熱させる艾法

 

吸い玉(カップリング)
吸い玉も中国伝統療法のひとつで、カップの中を真空状態にして、
悪い血を集めようというものです。
この療法は、人体の陰陽のバランス、気血のバランスを整え、
体に溜まった寒湿を取り除いて気血の流れをよくします。
頭痛やめまい、目の腫れ、咳、腹痛などの病気の治療によく使います。

診療体制

診療時間
午前
午後
施術者
呉(院長) / /
孫(理事長)/|//|
高橋(院長補佐)||
城内||
斎藤/|
 

★:当番責任者●:当番

☎︎03-3446-5598

東京都渋谷区恵比寿4-9-3 東包ビル2F

JR恵比寿駅 東口徒歩1分